川村真洋のありのままを味わえる握手会対応とは?ろってぃー&まにのほっこりする由来について


乃木坂46の中では、歌唱力No1、ダンスもできてパフォーマンスメンバーとして名高い川村真洋。

そんな彼女を今回は取り上げていきます。

川村真洋の素が見られると話題の握手会での対応、そして、あだ名の『ろってぃー』、『まに』の由来についても見ていきます。


川村真洋のLet It Go(ありのまま)握手対応


川村真洋の握手会での対応は、基本的に『釣らない』ことです。

 fishing

つまり、お友達のように接します

でもそこが、川村真洋の良さであると言われます。

ちなみに、川村真洋は一回釣りに走ったこともあったようですが、しっくりこないためか、止めたそうです。

それで今では、ありのまま、素の川村真洋で握手会の対応しているそうです。

それでは、そんな川村真洋の握手会対応を実際に体験した方のレポで見てみましょう

いかがでしたでしょうか。

川村真洋のありのままが伝わってきましたか?

こんな感じで、川村真洋は素の状態を出しているってかわいいですよね。

やり取りをみてて、ほんとにお友達の女の子の感じがしてきますね。

特に、USJのホラーナイトに誘って、それにちゃんと行こうって答えてくれるってファンとしてはすごく嬉しいですよね。

ホント釣りにかかるよりも、ありのままの素でファンと接した方が川村真洋には合っているように感じました。

裏表ない感じが良いですよね。

関連記事:ハートをギュッと♥する衛藤美彩の握手会対応はコチラ!

関連記事:実はドS!?北野日奈子の握手会対応とは?

 

sponsored link


あだ名ろってぃー&まにの由来はコチラ!


さて、川村真洋は複数の名前を持つアイドルとしても、有名ですよね。

複数の名前ってヤバそうですが、実は、あだ名のことです。

今わかっているだけでも、川村真洋には2つのあだ名があります。

まに

ろってぃー

この2つです。

それぞれの由来を見ていきましょう。

はじめに『まに』です。

『まに』だったら、「かわむらまひろ」の「ま」だけ使っていますね。

『まに』の由来を調べてみたところ、「まひろ」って名前は3文字で長いことと、『まに』の語呂が良いからなったようです。

うーん、彼女らしいあだ名ですね。

さて、次の『ろってぃー』を見ていきましょう。

『ろってぃー』ときくと、「かわむらまひろ」の最後の「ろ」と関係するってわかりますね。

その由来を調べてみたら、

まひろのDance仲間が

*まひろってぃー

*あかりってぃー

*みちるってぃー

やったんです!

3人とも同じ歳でした。

みんな 最後の文字が

ラ行です★

出典:川村真洋オフィシャルブログ

という内容を見つけました。

大阪でダンスチームを結成していた時のメンバー同士の呼び名から派生したようです。

余計なことですが、もし「ろってぃー」が英語で「Lotty」だったら、女性の名前「シャーロット」の愛称ですね。

ところが「Rotty」だったら・・・あえて言いませんが、やばいです。

どうか、「Rotty」でないことを祈ります。

川村真洋のありのままが垣間見えた感じがします。

とてもまっすぐで素敵な子だと感じました。

これからも、乃木坂を盛り上げていくメンバーとして、どんどん活躍していってほしいですね。

sponsored link

 

PAGE TOP