君の名は。岐阜県の聖地巡礼で行きたい!美味しいグルメ15選!


映画『君の名は。』公開から、聖地巡礼する人が増えてますね。
そこで、聖地になった岐阜県の高山市と飛騨市の美味しいグルメスポットを紹介していきます!

sponsored link

岐阜県と言えば、真っ先に思い浮かぶのは「飛騨牛」ですよね。でも、岐阜県のおいしいグルメはもっといっぱいあるようです。せっかく聖地巡礼するなら、主人公たちになったつもりで、全部味わい尽くしちゃってほしいですね!

まず、君の名は。の宮水神社のモデルになった飛騨山王宮日枝神社のある高山市のグルメから紹介していきます!高山市の聖地を巡る人は必見です!

1, 御食事処 坂口屋 飛騨牛握り寿司

original

出典:https://tabelog.com/imgview/original?id=r3481140399270

世の食通たちを虜にする飛騨牛を贅沢に乗せた握り寿司。口に入れた途端、バターのようにとろける脂と特製ダレが絶妙なハーモニー。出してくれるときは、おせんべいの上に乗せるのが一般的だそう。一人前(2貫)500円~と意外とリーズナブルなところがお財布にも美味しいですね!

店舗情報
・店舗名:御食事処 坂口屋
・住所 :岐阜県高山市上三之町90
・アクセス:JR高山駅から歩いて15分
・電話番号:0577-32-0244
・営業時間:10:30~15:00
・定休日:火曜
・予算目安:~1000円
・公式URL:http://www.hidatakayama-sakaguchiya.com/

 

2,キッチン飛騨 飛騨牛ステーキ

original2

出典:https://tabelog.com/imgview/original?id=r084522639655

飛騨牛の握り寿司を紹介しましたが、せっかくの飛騨牛だから、ステーキでしっかり食べたい人もいるんじゃないですか?
そんな人にオススメなのが、キッチン飛騨の飛騨牛ステーキ!ステーキって高いイメージありますが、キッチン飛騨では、グラム数やお肉のランクで値段を決められるので、ちょっとだけ贅沢をしたいって人もオススメです。

店舗情報
・店舗名:キッチン飛騨
・住所 :岐阜県高山市本町1-66
・アクセス:JR高山駅から歩いて10分
・電話番号:0577-36-2911(肉イイって覚えれますね!)
・営業時間:(ランチ)11:30~15:30、(ディナー)17:00~20:30
・定休日:水曜(祝日だと営業)
・予算目安:4000円~
・公式URL:http://www.kitchenhida.com/

世界最大の旅行クチコミサイト「トリップアドバイザー」が「外国人に人気の日本のレストラン2014年」で脚光を浴びたのがこのお店。店主が一から作ったアメリカンな雰囲気の店内で味わうノーマルのハンバーガーも十分美味しいですが、1日に30個程の数量限定飛騨牛ハンバーガーがオススメ!口に頬張ると・・・ジュワアァっと肉汁が溢れんばかり!
しかも予約とってないので、早い者勝ちです。ガッツキたい人は、行ってみましょう。

店舗情報
・店舗名:CENTER4 HAMBURGERS
・住所 :岐阜県高山市上一之町94
・アクセス:JR高山駅から歩いて15分
・電話番号:0577-36-4527
・営業時間:(ランチ)11:30~14:30、(ディナー)18:00~21:30
・定休日:水曜
・予算目安:1000円~
・公式URL:http://tiger-center4.com/

 

4,飛騨の味 酒菜 朴葉みそ

original3

出典:https://tabelog.com/imgview/original?id=r9025918050619

ホオノキの葉の上で味噌、きのこや野菜を焼いて食するのが、朴葉みそ。飛騨の郷土料理を食べられるお店の酒菜で食べられる朴葉みそは食通たちを唸らせます。地酒と一緒にいかがですか?

“みそ菜3年身上つぶす”とは飛騨地方に伝わる言葉ですが、朴葉みそを食べるとご飯が進んで、蓄えが尽きてしまうという意味です。今ではそんな心配は消えましたが、今でも地元岐阜の人に愛されている朴葉みそ、一度ご賞味ください!

店舗情報
・店舗名:飛騨の味 酒菜
・住所 :岐阜県高山市花里町6-9-8
・アクセス:飛騨高山駅から歩いて2分
・電話番号:0577-36-2355
・営業時間:(ランチ)12:00~15:00(土日祝のみ営業、4名以上で要予約)、(ディナー)17:00~24:00
・定休日:無し
・予算目安:1000円~
・公式URL:http://hida-syusai.com/

 

5,陣屋だんご店 みたらしだんご

original4

意外にも、みたらしだんごは飛騨の名物だったりします。
みたらしだんごっていうと、甘い醤油タレが一般的。ですが、岐阜の飛騨にあるみたらしだんごは甘くない大人な味になってます。モッチリとしたお餅と程良い醤油味にはカルチャーショック間違いなし!しかも、お店ごとに味が微妙に違うので、行く先々で食べ比べもイイかもですね!

店舗情報
・店舗名:陣屋だんご店
・住所 :岐阜県高山市本町1丁目47
・アクセス:高山駅から歩いて10分
・電話番号:0577-34-9139
・営業時間:8:30~16:30
・定休日:無し
・予算目安:一本70円~

 

6,桔梗屋  中華そば(並)

original5

出典:https://tabelog.com/imgview/original?id=r5734410023259

醤油ベースの鶏ガラスープ、チャーシュー、メンマ、ネギのシンプルさが特徴的な岐阜の高山ラーメン。数多くある高山ラーメン店の中でひときわ人気なのが、桔梗屋。大正時代から続く細ちぢれ麺にシンプルなスープで、最後の一滴まで飲めちゃう一品になってます。

店舗情報
・店舗名:桔梗屋
・住所 :岐阜県高山市本町3-58
・アクセス:高山駅から歩いて10分
・電話番号:0577-32-2130
・営業時間:11:00~23:30
・定休日:木曜
・予算目安:600円~

 

7,米丸家 元祖飛騨牛玉焼き

4036fc23548d-79de-4989-8eb0-8f27f3b8b50e_m

https://static.retrip.jp/

これはタコ焼きですか?いいえ、飛騨牛焼きです。そう、タコの代わりに飛騨牛がイン!タコ焼きあるある代表は具が少ないってことですが、この飛騨牛焼き、具がギッシリ詰まってて、しかもジュワッと出る肉汁に満足すること間違いなし!生姜醤油ダレ、紅しょうが、ネギをトッピングしてサッパリ頂くのもオツなもの。

店舗情報
・店舗名:米丸家
・住所 :岐阜県高山市花里町6-11
・アクセス:高山駅から歩いて5分
・電話番号:掲載なし
・営業時間:10:00~19:00
・定休日:不定休
・予算目安:~1000円
・公式URL:http://komemaruya.webcrow.jp

 

8,弱尊 飛騨牛スジカレー

original6

出典:https://tabelog.com/imgview/original?id=r916676240954

「カレーは生き物」という名言?を作ったのは、このジャクソン弱尊。黒めなカレーからデミグラスを想像する方も多いでしょうが、実は意外とスパイスが効いた味で、食べた人は中毒的な状況になり、無性に食べたくなる時があるようですね。28種類のスパイスを合わせて8日間もかけてルーを作るそうです。飛騨牛の牛スジと合わさり、奥深い味であることは間違いないでしょう。

店舗情報
・店舗名:弱尊
・住所 :岐阜県高山市天満町5-5
・アクセス:高山駅から歩いて5分
・電話番号:0577-36-1810
・営業時間:(ランチ)11:30~14:45、(ディナー)17:30~21:30
・定休日:木曜
・予算目安:1000円~
・公式URL:2nd.geocities.jp/jakson0jakson/

 

9,じゃぱにーずれすとらん てながあしなが本町店 飛騨牛カレーライス

0112

出典:http://www.tenaga-ashinaga.com/honmachi/menu.html

赤色は人間の食欲を増進させると言われますが、てながあしなが本町店の飛騨牛カレーライスは食欲を振り切れさせるかもしれません。カレーと飛騨牛の生肉という異色のコントラスト。じっくり煮込まれたカレーに柔らかい飛騨牛が絶妙にマッチ。きっと忘れられない経験になるでしょう。

店舗情報
・店舗名:じゃぱにーずれすとらん てながあしなが本町店
・住所 :岐阜県高山市本町3-58-11
・アクセス:高山駅から歩いて5分
・電話番号:0577-34-5855
・営業時間:(平日)11:00~15:30、17:00~21:00、(日・祝日)11:00~21:00
・定休日:不定休
・予算目安:1280円~
・公式URL:http://www.tenaga-ashinaga.com/honmachi/index.html

 

10,いわき わらび餅

original7

出典:https://tabelog.com/imgview/original?id=r2350814409425

わらび餅というと冷やして食べたくなりますが、このいわきのわらび餅は常温保存OKの一品。固くなったら電子レンジでチンという予想の斜め上をいきます。もちろん、味はお墨付きで食べた人は岐阜に行ったときは必ず買って帰るというほど!とろ~りとしてて口に入れると溶けていっちゃう・・・。付属の黒蜜ときな粉をかけて召し上がれ♪
数量限定なので、お早めに買った方がいいですよ?

店舗情報
・店舗名:いわき
・住所 :岐阜県高山市上三之町111-2
・アクセス:高山駅から歩いて15分
・電話番号:0577-34-1113
・営業時間:9:00~17:30
・定休日:不定休
・予算目安:~1000円

 

ここまで、岐阜県高山市のグルメを見てきました。

続いて、飛騨市図書館と飛騨古川駅など聖地周辺にあるグルメスポットをみていきましょう。

11,味処古川 五平餅

出典:http://starryheavens.hatenadiary.jp/entry/2016/10/03/121859

映画・君の名は。で奥寺先輩が店先で五平餅を食べていた食事処になります。
20161003113708実際の味処古川では、五平餅の他に、飛騨牛料理、朴葉みそ焼きなど郷土料理も食べられるお店になってます。ちなみに、ここの店主さんは聖地巡礼の人に教えてもらうまで、映画に登場してたことを知らなかったそうです。

店舗情報
・店舗名:味処古川
・住所 :岐阜県飛騨市古川町壱之町11-3
・アクセス:飛騨古川駅から歩いて8分
・電話番号:0577-73-7100
・営業時間:9:00~17:00
・定休日:不定休
・予算目安:~1000円
・公式URL:http://ajidokoro.jp/

 

12,福全寺蕎麦

original-1

出典:https://tabelog.com/imgview/original?id=r6879631072760

飛騨と言えば、そば粉を生産してることはご存知でしたか。ここ福全寺蕎麦では、飛騨産のそば粉を100%使用しているお店。そばつゆに浸して食べるのも悪くないですが、飛騨では最初はつゆに浸けず蕎麦の味を味わい、その後、塩とわさびをつけて蕎麦の甘みを感じる。そして最後にそばつゆで頂いて、ノドゴシを楽しむのだそうです。オツなもんですね。

ちなみに、蕎麦は作った分だけ提供なので、なくなり次第終了です。

店舗情報
・店舗名:福全寺蕎麦
・住所 :岐阜県飛騨市古川町壱之町10-1
・アクセス:飛騨古川駅から歩いて5分
・電話番号:0577-73-3340
・営業時間:10:30~売り切れまで
・定休日:火曜
・予算目安:1100円~

 

13,ひだコロッケ本舗

original-2

出典:https://tabelog.com/imgview/original?id=r1552519325821

飛騨牛がいっぱい入ったひだコロッケ。ほくほくのジャガイモの甘み、そして飛騨牛の肉感は何個でも食べたくなっちゃうヤミツキ間違いなし!1コ120gとけっこうボリューミィ。しかも冷えても美味しいのでお土産にもピッタリですね!

店舗情報
・店舗名:ひだコロッケ本舗
・住所 :岐阜県飛騨市古川町壱之町10-1
・アクセス:飛騨古川駅から歩いて5分
・電話番号:0577-73-3125
・営業時間:10:00~17:00
・定休日:火曜
・予算目安:210円(1コ)

 

14,かな森 漬物ステーキ

image

ステーキと聞いて、真っ先に思い浮かぶのは飛騨牛じゃないでしょうか。でもこのステーキ、お肉は入ってません。代わりに漬物が入ります。漬物を焼いてステーキなんですね。
かな森の漬物ステーキは、女将さんが丹精込めて漬けた白菜漬け、さらにかぶら菜(赤かぶ)を入れて目の前で焼いてくれます。牛すじ煮も絶品だそうですよ。

店舗情報
・店舗名:かな森
・住所 :岐阜県飛騨市古川町金森町12-17
・アクセス:飛騨古川駅から歩いて3分
・電話番号:0577-73-5758
・営業時間:17:00~23:00
・定休日:不定休
・予算目安:500円~
・公式URL:http://www.hidalabo.com/

 

15,飛騨牛専門店 祭 飛騨牛ステーキ丼

image-11

出典:http://www.tre-navi.jp/

A-4ランク以上の飛騨牛を使った至上のステーキ丼。地醤油、地味噌、エゴマを使用し、開業当時からつぎ足しているという特製ダレをたっぷりかけた一品です。これを目当てに県外からも多くの人がくるそうです。

ちなみに、このお店の飛騨牛握りは、観光客の人気投票で見事グランプリを獲得するほど。

店舗情報
・店舗名:飛騨牛専門店 祭
・住所 :岐阜県飛騨市古川町壱之町15-6
・アクセス:飛騨古川駅から歩いて5分
・電話番号:0577-73-7133
・営業時間:(夏)11:00~15:00、(冬)11:30~14:00 (夜)予約制
・定休日:無し(冬期のみあり)
・予算目安:3,500円~

 

おまけ 壱之町珈琲店 メロンパン

640x640_rect_7669246

一口食べて、「これだ!」と思わず声をあげそうになった。サクサクのクッキー生地とモチモチのパン生地。これぞ僕が求めていたメロンパンだ。」と語ったのは中田英寿。このお店のメロンパンを食べて大絶賛だったそう。

1日12個限定で、中田英寿も電話で予約をしたといいます。必ず食べたい人は予約必須です!

店舗情報
・店舗名:壱之町珈琲店
・住所 :岐阜県飛騨市古川町壱之町1-12
・アクセス:飛騨古川駅から歩いて5分
・電話番号:0577-73-7099
・営業時間:9:00~17:30
・定休日:火曜(祝日だと翌日)
・予算目安:180円(1コ)

どれも美味しいそうですね。岐阜の聖地巡礼するんだったら、グルメもぜひ楽しんできてください!

★あわせて読みたい★

君の名は。聖地 長野県諏訪湖で食べたいグルメ10選!

sponsored link

PAGE TOP