0

相武紗季の旦那の異様な過去、父が暴力団の真相に追った!2016年5月入籍はドラマのため?

交際から1年で、相武紗季が一般男性とスピード入籍を発表したのは記憶に新しいです。

しかし、おめでたい話と裏腹に、旦那である“一般男性”について様々な憶測が飛び交っています。

特に、旦那の過去が相当ヤバい過去だったということで、その過去の真相に迫ります。

また、相武紗季の旦那の父が暴力団であったということで、その黒い影も追いました。

後半では5月入籍がドラマのためだったという情報をキャッチしたので、その真相を確かめていきます。

sponsored link


旦那”K”の異様な過去、父の存在


相武紗季の旦那は、一般男性と言われてますが、業界では”K”と呼ばれているそうです。

“K”と呼ばれていますが、実際は小宮生也だということが、ほぼ確定しています。

下の画像は、相武紗季と、旦那の“K”小宮生也が一緒に歩いているところの写真です。

出典:BuzzPress

出典:BuzzPress

その”K”の知人が、“K”がどんな過去を持って、どんな人物だったのか、語ってくれました。

相武紗季の旦那“K”は福岡県の出身で、東洋大学を卒業したそうです。

卒業後に就職した不動産関係会社をスピード辞職し、高校時代の先輩と二人で事業を興したと言います。

“K”の会社で働いていた人によると、月に数億円規模の売上があったそうです。

とにかく“K”は集客力に長けていたために、そこまで成長したと言われています。

また、成長した事業で築き上げた資産をもとにして、

24歳か25歳の時に、六本木の高級クラブで百万単位のお金を一晩で現金で支払っていたそうです。

また、25歳の若さで、あの高級車ベントレーを新車でキャッシュ払いで買ったみたいです。

 

親孝行の一環か、お金を実家に家の修繕費として振り込んでいたともいいます。

ここで気になるのが、どんなビジネスをしたら、そんな若さで大金を手に入れられるかです。

相武紗季の旦那“K”の関係者のマスコミへのタレコミ情報によると、驚きの内容が次々と露呈しました。

その内容とは、

“K”はヤミ金・オレオレ詐欺で大金を築いたこと

“K”本人に逮捕歴がある

ということです。

若くして“K”が財を築いたのは、そのような背景があったためでした。

『火のないところに煙は立たない』といいますから、恐らく本当のことでしょう。

また、相武紗季の旦那”K”の父は九州では有名な暴力団幹部で、抗争によって殺されたとも言われています。

このことについて、”K”の知人は“K”本人から「若いころに父を殺された」と語ったのを聞いたと言っています。

次々と明らかになる、“K”の異様な過去に、驚きを隠せずにいられません。

 


ドラマ命?謎の入籍タイミング


2016年5月3日に、相武紗季が入籍したことがすっかりお茶の間の話題ですが、どうしてこの時期なのでしょうか。

今の入籍タイミングについて、あるウワサが出ています。

“ドラマ視聴率のため”の入籍

というウワサです。

今、相武紗季はフジテレビ系の『僕のヤバい妻』で主人公の不倫相手で出演しています。

そのドラマの視聴率が、初回は8.3%(ビデオリサーチ調べ/以下同)、2回目7.7%、3回目6.8%と減少する一方です。

初回から、過激なベットシーンをするなど注力していましたが、視聴者の心はいまいち掴めなかったようです。

ある芸能雑誌関係者も「視聴率を少しでもあげるために、今の時期に入籍をしたのでは」という内容を語っています。

実際、相武紗季自身は今のドラマについて、

「どれだけパンチを効かせられるかがカギだと思っています。しばしばニュースになっているように、不倫は今どき珍しい話じゃないみたいなので。どこまでインパクトを残せるかを考えています」

出典:R25

と語っていますから、今のドラマに対する気持ちの入れようはハンパないのではないでしょうか。

その一方で、「入籍=視聴率確保」の否定派もいるそうで、実際のところは定かではありません。

または、旦那の“K”が過去のことで騒がれているため、騒がれたくないために使う手段の連休中に入籍を発表という見方もできます。

ことの真相は、相武紗季のみぞ知る状態です。

今後も、旦那の“K”と相武紗季の動向から目が離せませんね。

関連記事:相武紗季と似ている深川麻衣の中学の部活

sponsored link

 

PAGE TOP