tdXu0inD

「半分、青い。」主役キャストは永野芽郁!決め手はなんとアノ部分!?

2018年4月2日からスタート予定の連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロインに永野芽郁が選ばれました。

17歳で異例の抜擢された永野芽郁ですが、

2366人の候補からヒロインに選ばれたのは、演技力だけでなく、すごく意外な決め手があったようです。

sponsored link

 

「半分、青い」耳が聞こえない主人公 鈴愛(すずめ)

朝ドラの主人公・楡野鈴愛(にれのすずめ)を演じるのは、永野芽郁です。

すずめは、小学校の時に病気で左耳が聞こえない聴覚障がい者です。しかし、そんな状態でもユニークなことを考える感性を持っている変わった人。雨の日には右耳では雨の音は聞こえますが、左耳には雨音が聞こえないことから、雨上がりの青空をみて「半分、青い。」とつぶやいたりします。

大胆なことを思いついたら即実行して、失敗しても明るくやり過ごす前向きな主人公です。

 

永野芽郁が主役キャストに選ばれた理由はアノ部分!?

永野芽郁がヒロインに抜擢された理由は「半分、青い。」の主人公にピッタリのキャラクターだったことはもちろんですが、”アレ”も決定打になったそうです。

チーフプロデューサーによれば、

それは、“「つけ耳」が似合うかどうか”だった、と言えるかもしれません。

出典:NHK公式サイト

意外なことに、決め手は付け耳が合うかだったそうです。

というのも、永野芽郁が演じる鈴愛(すずめ)は、片耳の聴覚を失ってるので、音を聞き取りづらいです。

普通なら音が聞こえる耳の後ろに手をかざすと聞き取りやすくなります。普通なら手を当てるだけですが、なんと手の代わりに自作した付け耳をつけるのです。

正直、かなりかっこ悪くて某マジシャンが浮かんできますが、主人公は全く気にしない性格なんだそうですね。

ちなみに、耳が聞こえない主人公にした理由は「半分、青い。」を書く脚本家の北川悦吏子自身も耳が聞こえなくなった経験からだそう。

自身も失聴した経験を明かし、「私も落ち込んだけど、考えようによっては、ロマンチックに見えてすてきに思える時とか、頑張らなきゃって思う瞬間があるのではと思ったのがきっかけです」と語った。

出典:時事ドットコム

永野芽郁のヒロイン決定にネットの反応は?

永野芽郁の朝ドラヒロインキャスト決定に、ネット上では「嬉しい」、「朝ドラヒロインくると思ってた」、はたまた「芦田愛菜に似てる」なんて声もありました。全体的に、永野芽郁が選ばれたことを喜ぶ声が多い印象でした。

色んな声がありますが、永野芽郁は最近急上昇中の女優さんなので、永野芽郁がどんな女優なのか調べていきます。

sponsored link

永野芽郁ってどんな人?

今回、2018年前半の連続テレビ小説「半分、青い。」主役キャストに選ばれた永野芽郁。

一体、どんな女優さんなのか、調べてみました。

 

永野芽郁のプロフィール紹介

生年月日 1999年9月24日 (17歳)
出  身 東京都
身  長 163センチ
血液型  AB型
趣味特技 ギター、モノマネ(極めてるらしい)

永野芽郁は、2008年の小学3年生の時に東京都・吉祥寺でスカウトされて芸能界入りしました。そして同じ年公開の映画「ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル」で子役デビューを飾ります。2010年からは小学生向けファッション雑誌「ニコ☆プチ」でモデルを務め、2013年からは中学生向け雑誌「nicola」でもモデルを務めてました。

2015年には「俺物語!!」でヒロイン役に抜擢され、2016年の大河ドラマ「真田丸」にも出演してます。ちなみに、2017年公開の映画「ひるなかの流星」では主役を務めてます。

 

思わず胸キュンしちゃう演技

永野芽郁といえば、UQモバイル、カルピスのCMが有名です。現役高校生らしい青春系、色気バツグンなCMなど演技力がものすごく高いです。永野芽郁の出演してるCM特集を見つけたので、ぜひ見てみてください。

テレビでCM放送したときは気づかなかったんですが、永野芽郁が出演してたんですね。

 

11歳の永野芽郁が可愛すぎる!

8歳で芸能界入りした永野芽郁ですが、11歳の頃から際立った存在感があります。新体操の映像もありますよ。

 

ファンキーモンキーベイビーズのMVにも出演!

当時中学2年生だった永野芽郁は、MVで優香の小さい頃を演じてます。

本当に、今と全然変わってないですよね。

 

可愛すぎる私生活も公開!

明るい役柄が多い永野芽郁ですが、私生活でも明るさは健在のようですよ。騙されたと思って見てみてください。

ROUND1にてバブルサッカー おやすみなさい笑 #バブルサッカーは2度目 #最高に楽しくて最高に目回った

永野芽郁さん(@mei_nagano0924official)がシェアした投稿 –

騒動になったあの女優に似てる?

連続テレビ小説のあまちゃんに出演した能年玲奈に似てませんか?

 さらに、朝ドラひよっこに出ていたメガネっ娘の「青天目澄子」にも似てる感じします。


眼鏡かけただけなんですが、すごく似てると思いませんか?

 

永野芽郁が語った主人公・楡野鈴愛への思いは?

朝ドラ「半分、青い。」で主役キャストを演じることになった永野芽郁のインタビュー文がありました。

Q,役が決まった時の気持ちは?

昨日の夜合格したと聞いて、一日考えてたんですけど、全然実感がなくて。なんでここでこんなに写真撮っていただいているんだろうみたいな気持ちもあったりする。私、本当にやれるんだと、今になって少しずつ実感がわいてきたりしています。うれしいです

出典:MANTANWEB

朝ドラヒロインという超責任重大な仕事にもかかわらず、喜んでるところに永野芽郁の人柄が出てますよね。

 

「半分、青い。」あらすじ紹介

最後に永野芽郁が出演する「半分、青い。」のあらすじを紹介しておきますね。

大阪万博の翌年、1971年。岐阜県東濃地区に鈴愛という女の子が生まれました。鈴愛は子供のころの病気で左耳が聞こえなくなってしまいます。

その後、バブル期に夢を抱いて上京しますが、夢は一瞬で敗れてしまい、子供を授かるも離婚されてシングルマザーになりました。

帰郷したあと、失敗だらけの人生でも「やってまった」と明るくつぶやいて生き抜いていきます。

そしてヒロイン鈴愛が辿り着いたのはモノづくりの世界。病気の母のために扇風機を作り、素人でありながらも、家電業界に「新風」を巻き起こします。

ヒロイン鈴愛には、同じ日に生まれた男性の幼馴染がいます。それぞれ別の人と1度結婚しますが、約半世紀に渡ってつかず離れずの微妙な距離でお互いを見守り続けます。そして扇風機づくりをきっかけにパートナーとなっていきます。

これからも、新しいキャストがどんどん決まってくるので、見守っていきましょう。

sponsored link

 

PAGE TOP