葵わかな ズルしてんか?慶応合格が非難された3つの理由。AO入試は芸能人枠で確定?


NHK朝ドラ「わろてんか」でヒロインを演じる葵わかなが、大学受験でズルした疑惑が浮上してます。

本当に葵わかなは、大学受験でズルしたのでしょうか、その真相とは!?

sponsored link

葵わかな 2017年から慶応ガールに!

2017年朝ドラのヒロインオーディションで2,378倍(!)の超々難関をくぐり抜け、朝ドラヒロインの座を射止めた葵わかな。

さらに、あの超難関として知られる慶應義塾大学に合格もしました。

葵が、超難関大学に一発で合格した!

受験したのは、(中略)AO入試。

(中略)

慶大の総合政策学部が文系から理系まで幅広く学べ、授業選択の自由度も高いことを知り、同学部を目指すことを決意した。

引用 サンケイスポーツ

葵わかな本人も、喜びを爆発。

 

旺文社が運営する大学受験情報サイト「パスナビ」によると、葵わかなが受験した慶応大の総合政策学科の倍率は、

2017年

4.9倍(募集人数100名に対して、891名が志願し、183名が合格)

出典 パスナビ

朝ドラヒロインの座ほど狭き門ではありませんが、倍率が高かったことが伺えます。

合格することは一般的に喜ばしいことですが、葵わかなは入試でズルして合格した疑惑が浮上しました。

 

葵わかな 入試でズルしたと疑われた理由とは?

調査したところによると、葵わかながズルしたと言われる理由が3つ上がりました。

  1. 出身高校の偏差値が驚きの〇〇!
  2. 「猛勉強」の中身がまさかの・・・
  3. AO入試合格だから

3つの理由それぞれを検証して、本当に葵わかながズルしたのか、まとめていきます。

 

1,出身高校の偏差値が驚きの〇〇!

難関校で知られる慶應義塾大学に合格した葵わかな、さぞかし出身高校もエリート校だろう。

と思って調べたところ東京都目黒区にある日出高校が母校という情報が。

日出高校といえば、芸能人御用達の学校として知られ、山口百恵や相武紗季、多部未華子など今をときめく芸能人を多く輩出しています。

その偏差値は、

  • 進学コース:45
  • 特進コース:49
  • スポーツコース:43
  • 普通科芸能コース:42

出典 パスナビ

失礼を承知で言えば、抑えられてる印象です。

特に、生徒全員が芸能プロダクションに所属の「普通科芸能コース」は抑えられてます。

 

参考として、葵わかなが合格した慶応の学部の偏差値は、

総合政策学科:72.5

出典 パスナビ

この72.5という偏差値と同レベルの学部は、

慶應義塾大学 医学部

東京大学 医学部

京都大学 医学部

一橋大学 経済学部

出典 パスナビ

と、日本国内屈指の大学の中でも、特に秀才が集まる学部が集まりました。

日出高校の偏差値42、葵わかなが合格した偏差値72.5の慶應義塾大学、この偏差値の差が葵わかながズルして合格したと言われてる理由になっているようですね。

 

ところが、後になって調べたところ、母校が日出高校ではない可能性がほぼ確定しました。

葵わかな自身が、自分の出身高校について語ったのです。

私、高校は女子校だった

(中略)

女子校だからちょっと若い先生が赴任してくるとみんなで“キャ~、先生♪”ってざわつく感じで。

出典 週刊女性プライム

葵わかなの出身校だと言われた日出高校は男女共学なので、女子校から外れます。

具体的な学校名は明かされてませんが、東京都内にある全88ヶ所の女子校のどこかと言えるでしょう。

ともすれば、下は40、上は76までの幅広い偏差値の間になるので、確実に偏差値でズルしたと言えなくなります。

 

万が一、葵わかなの母校の偏差値が低くても、驚くべきことに葵わかなが合格した総合政策学科には、過去に偏差値をメキメキ上げて合格した実力者もいました。

それは、

このビリギャルの凄いところは、葵わかなと違って一般入試(筆記試験あり)で合格したことです。

ビリギャルは、偏差値が30近くだった頃から努力を積み重ねて偏差値を70以上に上げたことが、実話として話題になりました。

このビリギャルの存在が、仮に葵わかなの母校の偏差値が低かったとしても、実力さえあれば、合格は勝ち取れることを証明してくれてると思います。

なので、偏差値が低いくせに慶応に合格したのがズルい思うのは、ナンセンスかもしれません。

 

2,「猛勉強」の中身がまさかの・・・

葵わかなが、入試でズルしたと言われる原因には、猛勉強にも理由があるかもしれません。

葵わかなは、受験に備えて「猛勉強」をしたと言われてます。

しかし、その猛勉強の中身が一般的じゃありませんでした。

女優業の合間をぬって、面接と論文に備え、猛勉強。さまざまなジャンルの本を1日に3冊読んだり、慈善活動について調べたり、毎日新聞も読み、気になる記事をチェック。撮影現場にも本を持参し、ホテルでも勉強。

 

引用 サンケイスポーツ

つまり、一般的な受験勉強といえば、国語、数学、英語、理科、社会の五教科が思い浮かびますが、葵わかなは全く違う勉強をしてたのです。

筆者も、大学受験の際は面接と小論文の推薦入試を受けましたが、万が一に備えて五教科の勉強も余儀なくしました。

にも関わらず、葵わかなは「猛勉強」という名の下で、読書と新聞購読、興味がある慈善活動の研究の3つを行ってたのです。証拠は見つかってませんが、五教科の勉強はしてない可能性が高いでしょう。

 

少なくとも、高校にいる間は文部科学省から出された学習指導要領に基づいて、五教科を学んでた(履修した)のは間違いないでしょう。でなければ、履修漏れとしてニュースにもなりかねません。

 

さらに、いつから勉強開始したのか明らかになってませんが、

高校2年の夏、本格的に進学を考える中、慶大の総合政策学部(中略)を目指すことを決意した。

その後は女優業の合間をぬって、(中略)ホテルでも勉強。

引用 サンケイスポーツ

高校2年生から進路を意識してたようです。

 

仮に、高校2年の9月から慶應義塾大学のAO入試がある翌年12月まで勉強したとすれば、15ヶ月間勉強してた計算です。

15ヶ月間の日数は、456日になります。

サンケイスポーツの記事では、最大で本を1日3冊読んでたとされるので、1日一冊は必ず読んだと仮定すると、最低でも456冊読んでたことになります。

これは驚くべき数字だと思います。なぜなら、読書嫌いと言われる日本人の中で、読書を積極的に行っているからです。

 

データは古いですが、文化庁が平成25年に行った「国語に関する世論調査」によれば、

※全国 16 歳以上の男女が対象で、2,028名の有効回答

1ヶ月に読む本の冊数

  • 読まない:47.5%
  • 1,2冊:34.5%

読書量は以前に比べて減っているか,増えているか。

  • 読書量は減っている:65.1%

出典 文化庁 平成 25 年度「国語に関する世論調査」の結果の概要より

このような日本人の性質が浮き彫りになってる中で、葵わかなが毎日1冊以上の本を読んでるとすれば、ある意味ですごい勉強量だと思いませんか?

一般的な五教科の勉強と異なったとは言うものの、ズルしたとは言えないと感じました。

sponsored link

 

3,AO入試合格だから

最後に上がった、ズルしたと言われる理由はAO入試です。

まず、AO入試入試とはどんなものかシンプルにまとめると、

学力試験では判断できない受験者の個性や目的意識などを総合的に評価するため、書類審査や面接、小論文などを組み合わせて合否を判定する。

出典 小学館 デジタル大辞泉より

つまり、五教科による学力試験がナシの試験を指します。

 

AO入試のAOとは「アドミッション・オフィス」が本来の意味ですが、もう一つの隠された意味として「アホでもOK」があります。

要は、学力に自信がないため、それ以外の分野で受験するためアホでもOKと言われたようです。

さらに、「芸能人枠」という大学のPR目的のために、芸能人を入れる大学もあるウワサも。

 

しかし、AO入試を激しく批判する大学関係者もいるようで、

正直、バカが増えた。学力テストがないAOで(入学の)チャンスをもらえたと錯覚している生徒が多い

出典 AERA dot.

さらに、大学受験関係の業者からも、AO入試入試が厳しくなってるという話も出てます。

最近のAO入試は高校の評定平均や英検2級以上、あるいはTOEIC600点以上といった足きりラインが設けられるケースが多くなり、非常に難しくなっているんです

出典 オリコンニュース

以上の証言からも、以前のような「アホでもOK」のAO入試ではなくなってる可能性は高いと言えるでしょう。

また、葵わかなと同じ慶応に在学中の二階堂ふみも、一浪してAO合格してることからも、AO入試が厳しくなってることが伺えます。

 

以上の3つのズルしたと言われる観点を総合してまとめると、葵わかながズルして合格したというのは、見当違いと言えるでしょう。

 

芸能人はなぜ大学に入りたいのか?

芸能人として、ある程度の地位を築けば、後の人生は干されないかぎり保障されてるでしょう。

それにも関わらず、なぜ葵わかなを筆頭に芸能人は大学入学したいんでしょうか?

 

筆者は、芸能人の子どもを持ってないので、どんな気持ちで大学を受けてるのか予想ができませんが、調べてみたところ、気になる内容を発見しました。

「親御さんが行かせたいケースが圧倒的。(中略)将来を考えれば、大学は出てもらいたいんでしょう」

先の見通しが立ちにくい芸能界において、大学進学は将来への“保険”であり、また得意分野でポジションを確立するという芸能活動を長く続ける上でひとつの要素となっている

出典 msnニュース

つまり、芸能界での万が一に備えて、大学受験をさせてるということでしょう。

もし芸能界から外れても、一般企業では慶應義塾大学卒業ともなれば、戦力として期待できますからね。

 

ですが、葵わかなには親の希望よりも、大きな望みがあるようです。

「女優業と慈善活動の勉強、どちらも成功させたいし、進学はそのための一歩。大変かもしれないけど、迷うことなく進む4年間にしたい。2つの夢がいつか交わる点を目指して」

出典 サンケイスポーツ

昭和の大女優だった故オードリー・ヘップバーンは、ソマリアでの慈善活動を行っていました。

また、海外セレブで名高いアンジェリーナ・ジョリーも、UNHCR親善大使や慈善活動へ多額の寄付が有名です。

葵わかなには、女優業に留まらず、世界で活躍できる女になりたい気持ちがあるのでしょうね。葵わかながその夢を叶えられるように、見守っていきたいですね。

sponsored link

 

PAGE TOP