ファイナルカット 大地役の高木雄也とは?黒幕説の意外な理由も!


ドラマ『ファイナルカット』で、主人公中村(亀梨和也)のバディ役である野田大地役を演じている高木雄也さん。

今回は、高木雄也さんのプロフィールや演技力の評価、ささやかれてる黒幕説の意外な理由をまとめました。

名前だけ聞くとピンとこない人もいるかもしれませんが、実はあの国民的人気アイドルグループのメンバーで、その正体にきっと驚くと思います!

sponsored link

大地役キャストにネットがざわざわ…

ファイナルカットに登場した大地役を演じる高木雄也さん、その特徴は大体パクパクしてる食いしん坊だし、ギャップ萌え必至だということ。

ファイナルカット1話を見た感じでは、高木雄也さん演じる大地は、主人公中村が通ってた塾の同級生であり、殺された保育園園長に世話になってた人物ということです。

また、中村の復讐をホームページ作成や裏工作活動で手伝っている重要な役割も。

さらに、中村(亀梨和也)が本部配属になった時に「おめでとう」とポップコーンを投げるなど、大地の親友かもしれません。

ちなみに1話では、ダサい大学生風の見た目から、カッコいいウェイター姿へ変身で女子をヒイヒイ言わせてましたね。

正直言うと、ダサいメガネ君のイメージがある高木雄也さんですが、実際はとてもセクシーですし、誰もが知ってる人気アイドルグループのメンバーだったんです。

sponsored link

大地役キャストは高木雄也

ドラマ『ファイナルカット』の中では、たまーにカッコいいダサメガネ君ですが、高木雄也さんは本当は大人のセクシーさと優しさを持つ人物だということです。

高木雄也のプロフィール

  • 名前・・・高木雄也
  • 生年月日・・・1990年3月26日
  • 出身地・・・大阪府茨木市
  • 血液型・・・O型
  • 事務所・・・ジャニーズ事務所
  • 所属グループ・・・Hey!Say!JUMP
  • 主な作品

『しゃばけ』(フジテレビ)
『ごくせん 第3シリーズ』(日本テレビ)
『私立バカレア高校』(日本テレビ)
『水球ヤンキース』(フジテレビ)
『孤食ロボット』(日本テレビ) など

Wikipediaより抜粋

ファンなら既に知ってると思いますが、簡単にプロフィールを紹介します。

高木雄也さんは、伊野尾慧さんも所属してる「Hey!Say!JUMP」のメンバーです。

2004年にジャニーズのオーディションを受けて事務所入りし、ジャニーズJr 内のユニット「Jr.BOYS」やJ.J.Expressで活動をスタート。

2007年9月からHey!Say!JUMPのメンバーとして活動をスタートさせ、2008年には『ごくせん第3シリーズ』でドラマ初出演、2009年には『ごくせん THE MOVIE』で映画初出演もしました。

ちなみに高木雄也さんは、Hey!Say!JUMPの中でもHey!Say!BESTの1人で、他メンバーには有岡大貴さん、伊野尾慧さん、八乙女光さん、薮宏太さんがいます。

グループの仲も良くて、事務所から「ケンカして意見ぶつけろ!」と言われたり、メンバーで人狼ゲームをやったりしてるみたいですね。

また、性格が優しいと言われてる高木雄也さんですが、メンバーを家に招待した時にパジャマを長袖と半袖の2種類用意してくれたり、気遣いができる人柄と言えます。

さらに、家族思いな一面もあり、母の作る手料理が大好きですし、いつも「ママ」と呼んでるそう(マザコンかな?)

そして高木雄也さんはセクシーと言われてます。たまに見せる大人な表情はもちろん、ファンサービスもしてくれます。

細くて、引き締まった体がステキですよね。

もちろん、見た目だけじゃなく歌唱力も高く、ソロ曲も3曲リリースしていて、歌に踊りに演技ができるオールマイティなアイドルと言えるでしょう。

高木雄也の演技力評価は?

高木雄也さんの演技力の評価で多かったものを紹介していきます。

最初に多かったのは、滑舌がよろしくないことです。

特に、ドラマ初出演作『ごくせん』に出てたころは壊滅的な滑舌で、視聴者をうならせたんだとか。

ですが、改善できるというのは伸びしろがあるということ。

2年後に出演したドラマ『Dr.DMAT』では演技力が評価され、2017年ドラマ『孤食ロボット』ではキャラクター通りの役を演じきったことで、高い評価を得ることができました。


滑舌の悪さは、今でも健在なようですね(笑

続いて、最近の評価で多かったものを紹介します。


前作の『孤食ロボット』から半年ぶりにドラマ出演作になった『ファイナルカット』。

以前は低いと言われた演技力も一気に高まったことで、従来のファンからの評価がうなぎ登りになってました。

たしかに役に入りきってて、自然すぎる演技でしたからね。

高木雄也さんの今後の演技にも注目していきましょう!

sponsored link

高木雄也が黒幕説の意外な理由とは?

1話が1月9日に放送されたドラマ『ファイナルカット』ですが、すでに黒幕として大地(高木雄也)が浮上してます。

大地(高木雄也)の黒幕説が期待されるのは、バディ役が裏切る設定が面白いという見方があるからです。

さらに、2017年1月の草なぎ剛さん主演ドラマ『嘘の戦争』と設定が被っていることも、黒幕説を加速させたのです。

『嘘の戦争』では、バディ役だった大杉漣さんが、真相を知っていたにも関わらず、草なぎ剛を利用してたのでした。

 

ネット上では、高木雄也さんの黒幕説が流れてますが、可能性は低いでしょう。

なぜなら、設定上26歳になってる高木雄也さんは、12年前に起こった女児殺害事件のときは14歳。

女児殺害事件を当時14歳の高木雄也さんが行ったとなれば、気味が悪いですし、ジャニーズ事務所が黙っていないはずw

じゃあ黒幕は誰なのか?

ネット上では、黒幕説が大きく3つあるようです。

  • 大地(高木雄也)の家族や親戚が黒幕で、大地が中村(亀梨和也)の動きを見張っている説
  • 小河原姉妹の兄弟が黒幕。
  • やっぱり、大地が14歳のころにやらかしてしまった説

第4の説として提唱したいものがあります。

それは、百々瀬塁(藤木直人)の黒幕説です。

第1話の終了時点で、中村(亀梨)にファイナルカットで脅された井出正弥(杉本哲太)が、報道内容について謝罪した下りがありました。

それに対して、百々瀬塁(藤木直人)は激怒し、「視聴者は常に刺激が強いものを欲してる」と諭しました。

このことから、めぼしい報道がなくなっていた12年前に、全ての発端になった女児殺害事件は百々瀬塁が単独で計画して、実行。

自分の手が汚れることを防ぐために、小河原姉妹の兄に多額の現金を渡すか、脅すなどで女児殺害を指示。

小河原姉妹それぞれの「兄は終日家にいた」、「園長が走っているのも目撃した」というのは兄をかばうために、でっち上げたもの。

小河原姉妹の父は、無認可保育園の上階で法律事務所を営んでるため、小河原姉妹の兄が保育園に侵入するのは容易いでしょう。

そして、その犯人として無認可保育園という世間的に非難されるべき経営をしてる中村(亀梨和也)の母親をでっち上げた、と見方もできるんじゃないでしょうか。

黒幕は百々瀬塁(藤木直人)、女児殺害は小河原姉妹の兄、小河原姉妹は共犯ではないでしょうか。

原作もないので、黒幕は誰なのか明らかになってませんが、楽しみですね。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP